大切なお話

避難訓練の二日目、火災が起こった場合を想定した訓練をしました。

誰だって火事は怖いものです。

お子さん達は「今大切なお話をしているんだ」という雰囲気を感じ、いつもより真剣に耳を傾けてくれました。

ではちょっとヘルメットをかぶってみましょう。

「どうしてヘルメットを頭にかぶると思う?」と問いかけ、考えてもらいました。

ハンカチを持ってきて、鼻と口に当ててみるお子さんも。

訓練のお話はここまで。

活動では、バランス歩行の練習をしました。

エアの入ったバランスクッション、平均台、踏み台、一本橋をゆっくり歩いてみましょう。

速さを競うのではなく、全身を上手に使って足を踏み外さずに歩いてみてね。

最後のお楽しみはシーツそり。ピューっとゴールに移動!

 

おやつは

ヨーグルト、かぶきあげ、ビスコ、ミニゼリー

 

帰りの会の前に、火災報知機の音をタブレットで流し、入口前に並ぶ訓練をしました。

所定の場所に集合すると、自然にハンカチをポケットから出していました。

学校でも訓練は毎年あるためか、避難時の行動がちゃんと身についていて立派でした。

 

今日のお迎え時に「雨の日は川に近づいたらダメなんだよ!先生に言われたんだー」と教えてくれたお子さんがいました。

防災や安全に対する興味、意識が芽生えている年齢のお子さん達。

避難の仕方や自分の身を守る方法を伝えると、予想以上に真摯に聞いてくれるものです。

安全に過ごすために伝えたいことはたくさんあるから、これからもときどき学んでいこうね。

帰りの会の時間には雨もやみ、「傘を忘れずに帰りましょう」の声掛けにも素直に耳を傾けてくれました。

 

仙台 放課後等デイサービス リッキー西多賀

文責 長沼

 

 

コメントを残す





CAPTCHA