透明人間になった日

暖かい日差しが降り注ぐ今日は公園に行けるね!

 

4時間授業のお子さんも多く、早めに到着したお子さんはリッキーでお弁当を食べました。

 

宿題などの課題を済ませ、さあ公園へ。まずは富沢三丁目公園へ出かけました。

子ども達のすごいなあと思うところは、何もない状態から遊びを生み出すところ。

「ゾンビごっこね!」と走って逃げ回ったり

「魔法の円を描きます」

「この円に入ったら透明人間になれるよ」

「透明人間になったら何をしたい?」「えーっとね・・・」

豊かな発想力、想像力、ひらめき、感性。本当にびっくりさせられます。

 

「ゾンビごっこ」や「こおりおに」に疲れたら地面に絵を描いたり、上着を脱いだり水を飲んだり。

クールダウンする方法も自ら選んでいました。

ひととおり遊んで、リッキーに戻りました。

 

それからは室内活動を予定していました。

しかし3時頃、お子さん全員が来所した時間になると、さっき公園に行ったお子さん達から「また公園で遊びたい!」と提案が。

 

みんなの体力が残っていることを確認し、さっきとちがう公園に歩いて出かけました。

 

考えごとをしたり

鉄棒にチャレンジしたり、身体を動かしてリフレッシュ。

誰も「疲れた」なんて言わずに走っていました。

 

リッキーに戻っておやつです。

りんご、蒲焼さん、あみじゃが、チョコフレーク

 

学校ではまもなく修了式ですね。

お子さん達は絵の具セットや工作などの作品が入った大きなバッグを大事そうに抱えてリッキーに来てくれました。

忘れ物がないように気をつけて、またね!

 

仙台 放課後等デイサービス リッキー西多賀

文責 長沼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す





CAPTCHA