星3つ、いただきました

 

今日は「じゃがいものガレット」を作るよ~!

 

ビタミンCが豊富なじゃがいもは、免疫力を高めたり腸内環境を整えたり、いいことづくめ。栄養の宝庫です。

「ガレットってなんですか」とお子さん。フランス語で薄く丸く焼いた食べ物のことだそうです。

 

まず、おいもの皮をむきます。

先に来たお子さん二人にむいてもらったのですが、むきにくい場合はまな板の上に置いてむいたり、自分で工夫していました。

 

そして、ひたすらせん切りにします。ここだけ少し面倒ですが、がんばりましょう。

 

片栗粉、コンソメ顆粒、塩を加えて混ぜます。

 

油をひいたホットプレートに入れ、とろけるチーズをその上に乗せて、さらにじゃがいもを少し重ねます(じゃがいもでチーズをはさむ感じです)。

 

「オレにまかせて!」

「ぼくだって!」

 

 

焼きあがる間にチャレンジ課題をしましょう。

 

さあ、カリッと焼いて仕上げるよ~。

 

おやつの前は手洗いを忘れません。手洗いの歌を動画で見つつしっかり洗います。

 

「じゃがいものガレット」のできあがり。

みかんを添えて、いただきましょう。

 

お味は? 「星、三つ~」と言っておかわりして食べてくれました。

 

 

そのあと、好きなキャラクターのアイロンビーズを作成中。

お子さんが自分で見つけた趣味や好きな遊びが熱中できる環境を、リッキーでは大事にしています。

 

帰りの会までの時間も大切に、辞書を使って粘り強く宿題に向き合っています。

途中で投げ出さず自分で考え抜く力を以前より身につけている、立派なお子さんです。

 

帰りの会で、ネコが出てくるクリスマスのお話を読みました。

 

ガレットはチーズなしで調理してもおいしいので、おやつに、おつまみに、クリスマス料理に、ぜひ作ってみてください。

今日も最後までがんばりました、ありがとう!

 

仙台 放課後等デイサービス リッキー西多賀

文責 長沼

コメントを残す