カツ丼と抹茶アイス

今日はカツ丼を作るから、お弁当の代わりに白いご飯だけ持参してもらいました。

まずは玉ねぎの皮むき。

上から?下から?どこからむいたらよいのか分からなかったお子さんも、自分で考えて指を動かしていました。

中学生のAちゃんは、みんなが食べやすい太さを考えて玉ねぎを切ってくれました。

玉ねぎの上で包丁の刃が滑らないように慎重にね。

ついでにカツも切っておきましょう。

(太助市で揚げたてのトンカツを買ってきました)

卵も割って、混ぜておきます。

さあ、ここからはやけどに注意ね。

ホットプレートを熱し、だし醤油で玉ねぎを煮込みます。

 

 

玉ねぎがいい色に変わってきたら卵液を半分入れて

カツをのせて、残りの卵液を流し込みます。

フタをして少し時間をおき、「そろそろかな・・・」

おお、できた!

カツ丼に添えるお惣菜はお子さんが選んでくれた、ポテトサラダ、ピリ辛和え。

いっただっきま~す!

あんなにたくさんあったカツもきれいになくなりました。

うれしかったのは、いつも食が細いお子さんがおかわりして食べてくれたこと。

 

食後の自由時間もおもちゃでクッキングが続いていました。

土曜日はオセロもじっくり対戦できるね!

個別課題も集中して終わらせていました。

そしておやつの時間。

抹茶アイスクリーム、ぽたぽた焼き、スコーン。

 

今日のカツ丼と抹茶アイスクリームは、女子テニスで快挙を遂げた大坂なおみ選手が、優勝後の記者会見で答えていた好物からヒントをもらい、メニューになりました。

リッキーにはクッキングが大好きなお子さんがたくさんいます。五感をフルに使い、創造力を駆使してみんなのために工夫して作り上げる喜び、同じものを輪になって食する喜びもあります。

心もお腹も満腹になったね!

 

仙台 放課後等デイサービス リッキー西多賀

文責 長沼

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す





CAPTCHA