あぶりカルビ、あるびカブリ・・・

サポーター長沼です。今日も到着後、縄跳びの個人練習をがんばっていたお子さん。

今回は後ろ跳びの勇姿も見せてくれました。

自分で決めた回数をこなすまで、ひっかかっても跳び続けてくれました。

後ろ跳びもこんなにできるんだ・・・とサポーターを驚かせてくれました。

 

活動の一番目はビー玉取り。

トングを使って一分間で何個取れるか、数を競います。

他のお子さんがやるのを見て、一個ずつはさむのではなく、一気に三個はさむというコツを覚えました。

そして、スプーンですくったり、先に両面テープを付けた竿で釣り方式でも数を競いました。

カラフルなビー玉がカラン、コロンとどんどん自分のお椀に入っていくのは楽しいものです。

集中力を養い、目と手の協調性を高めていきます。

最後は一番年長のお子さんが皆の合計点数を計算してくれました。

 

二番目は大縄跳び。

たてへび、よこへび、こなみ、おおなみ、やまの5種類を跳びました。

「ぼくは『へび』が好きなんだよ!」

 

「やま」で、自分で決めた50回をこなしてくれたお子さん。

途中一回しかつまらず、見事跳びきりました!

 

最後はバクダンゲーム。

輪になって座り、手さげ袋に入ったカラフルボール(爆弾)をお隣にそーっと渡していきます。

今回は手渡しではなく、棒を使って袋の持ち手部分にひっかけるようにして渡してみました。

音楽が鳴りやんだときに爆弾を持っていたお子さんには、早口言葉のバツゲームが待っています。

「あぶりカルビ あぶりカルビ あぶりカルビ」

言えるかな? あー難しい!

 

さあ、おやつです。

せんべい、ポテトチップス、ビスコ、ミニゼリー。

 

今日もそれぞれのチャレンジ課題をもくもくと頑張りました。

そして「あぶりカルビ・・・」と念仏のように唱えながら帰り支度をしました。

 

文責 長沼

コメントを残す