「見る」ということ

STの伊藤です。

IMG_1617[1]

魚つりゲームをしました。

魚つりゲームは子どもたちも大好きな遊びの1つです。

・集中すること

・よく見ること

・竿や糸を操作すること(自分の姿勢や手指と竿・糸の長さの調整をすること)

・何匹釣ることができたか? という数の概念

・興味の幅を広げる

プラス、今日の活動では、魚とそれ以外の動物・キャラクターが入り混じっているので、それを見分けること。

魚はプラス2点、それ以外の動物・キャラクターはマイナス1点になるので、計算をすること。

というさまざまなねらいが含まれていました。

魚も、自分たちが作ったものが含まれていたりするので、自分が作った魚を見つけ出して狙うお子さんもいます。

大きい魚・小さい魚がいるので、大きい魚をたくさん狙うお子さんなど、さまざまな姿が見られます。

とってもじっくりと見て、くっついた手ごたえがあると「お?!」という顔をしてくれるので、

「達成感を得る」というのにもとても良い活動ですよ(*^。^*)

 

 

コメントを残す