「お・は・し・も」のお約束

リッキーでは、活動の中で防災訓練を定期的に行っています。

今年度初めての訓練となる今日は、地震を想定した避難訓練をしました。

大きなイラストで説明するとお子さん達も集中して身を乗り出して話を聞いてくれました。

「地震がきたら、まずどうするのかな」

 

ヘルメットがそばにあればかぶってね。

一人で外に出ないこと、落ち着いて行動することも大事です。

「お・は・し・も」の約束は、学校で習ったというお子さんも多かったです。

リッキーに備えてあるヘルメットをかぶる練習もしてみました。

ヘルメットを初めてかぶるというお子さんも何人かいて、「消防士さんみたい!」。

 

おやつのあとの自由時間になると、突然ベルを鳴らして避難訓練をすることも伝えておきました。

バナナ、ポテトチップス、アルフォート、ミニゼリー

 

食べながら「あとで一緒に遊ぼうね」「このあと避難訓練もあるんだよ」と話していたお子さん達。

ちゃんと覚えててくれてありがとう。

宿題などに集中している時間でしたが、

「地震です!」と言ってジリリリ…とベルを鳴らすと、

机のそばにいたお子さん達は頭を守るため下にもぐる体勢をとっていました。

外に避難する場合は、靴を履いて慌てず外に出ましょう。

リッキーの出口は2か所あり、どちらの出口を使うかの説明を聞いてもらいました。

訓練だから、本当の地震じゃないからと言わないで、みんな並んで避難する姿勢が見られました。

有事の時に自分の身を守るためには、大人の話を聞くこと、日頃の訓練も大切なことをお子さん自身理解していました。

明日も訓練は続きます。

 

 

仙台 放課後等デイサービス リッキー西多賀

文責 長沼

 

 

コメントを残す





CAPTCHA