負けを認める

神妙な顔でグルグル回っているみなさん。

勝ちたいのです。静かな闘志がみなぎっています。

今日の集団活動は、音楽が止まったらマットの上に立つ「マット取り」ゲームから。

微妙な判定のときはジャンケンを。勝っても自慢しないこと、負けたときも結果を認めること。

低学年のお子さんにとって簡単なことではないのですが、回数を重ねることで譲りあったり認めることが少しずつ練習できています。

負けたら後ろに座るというルールです。

ここに座らないといけなくなった瞬間は、口元を膨らませたり、気持ちがすぐに収まらないお子さんもいたけれど・・

ひと呼吸おいて、「どっちも頑張れー」の応援ができていて立派でした。

 

最後にラダー運動を。

「カニ」「忍者」「ウサギ」など、出された絵カードを見て、なりきってステップを踏んでみましょう。

ラダーは少しぐらい踏んでも気にしない!

軽やかな足取りのあと、片付けまでやる気いっぱいの皆さんでした。

片付けも、おやつの準備も、いつもありがとう。

テーブル運び、お皿配りなど、みんなの協力があってこそのおやつは

せんべい、コーンスナック、ミニどら焼き でした。

学校の疲れも癒えるおやつを待ちわびているお子さんも多いので、大切な時間になっています。

個別課題まで最後の踏ん張りができている皆さん、お疲れ様でした。

 

そして、学校給食なしでお昼に来所してくれたお子さん二人と、リクエストのあったサイゼリアでランチ!

パスタやドリア、スイーツもいただきました。

うーん、おいしそう。

リッキーのお友達と行くランチは、ご家族との外食とは、またちがった味がしたのでは?

文責 長沼

仙台 放課後等デイサービス リッキー西多賀

コメントを残す