ぼくだって!

降り続いた雨がやみ、みんなが到着する頃は空が明るくなってきました。

今日の最初の活動はスーパーボールキャッチです。

始める前に「人の顔に向かってボールを投げるのはいいことかな?」など、いくつかの注意事項をみんなと確認しました。

お子さんたちの視線がサポーターに向いたら、ボールが机の上で一回バウンドするように軽く投げます。

キャッチするタイミングをなかなか計れなくても、ボールのはね具合、速さなどをみて少しずつ上手になっていました。

活動の最後は手押し車です。もう何度もやっているから、

ぼくも簡単さ!

ぼくだって!!

頑張ってからみんなでおやつです。

帰りの会の前に、学校とリッキーで頑張りすぎた体を少しクールダウンさせる時間を設けます。

以前みんなで聞いていた「はらぺこあおむし」の歌のCDを久しぶりにかけてみました。

 

小さい仕掛け絵本を見てくれたお子さんも。

歌を思い出して口ずさんだり、みんなの心やすらぐひとときとなったようです。

 

今日も七夕の短冊を書いてくれたお子さんたち。

「ほねのいしゃさんになれるように」「学校が楽しめますように」「みんなとなかよくする」「リッキーのサポーターになりたい」「ⅯL(マリオとルイージだそうです!)」

その夢や思いに自信を持って向かっていけるように、ずっと応援していきます。

 

文責 長沼

仙台 放課後等デイサービス リッキー西多賀

 

コメントを残す





CAPTCHA