公園に行きたかった

霧雨降る午前中、全員のお子さんがそろったら宿題やパズルなどの個別活動と

集団活動を始めました。

手遊びとサーキット運動は、年長のお子さんが「こんなことをしたい」と事前に決めてくれた活動で、準備も担当してくれました。

縄跳びやハンドベル、平均台などを置き、次々にクリアしてゴールです。

運動でお腹がすいたらお弁当タイムにしました。

午後からも自由遊びの時間をたくさんとり、

水たまりを避けながら、気分転換に外の空気を吸うこともできました。

おやつは

こつぶっこ、スコーン

 

時間はたっぷりあるので、たくさん遊んで帰りましょう。

自由時間は好きな遊びを選択できます。

お子さんによっては

「公園で鬼ごっこしたい。今日は行けるの?」

「バランスボール取られちゃった」

レゴや積み木を組み立てたのに、走り回るお友達に崩されてしまった。

今日もたくさんの思いをサポーターに教えてくれました。

子供たちは集団生活の中で思いどおりにならないことも、たくさん経験しています。

自分の思いを相手に伝えること、お互いの意見を認め合うこと、自分がいけないときはお友達に素直にあやまること。

簡単にできないときもあります。それでも次にどうしたらよいか自ら考え、少しのことで折れない力が日々育まれていきます。

おやつのあと雲の間に晴れ間が見え、外出できそうな空模様になりましたが、まもなく帰りの準備の時間です。

外遊びができなくて残念なのはサポーターも同じ。今度晴れたらたくさん走ろうね!

 

文責 長沼

仙台 放課後等デイサービス リッキー西多賀

 

 

 

 

 

コメントを残す





CAPTCHA