全力でぶつかってきてね

秋休みなどで生活のリズムが変わったり、寒暖の差が大きいせいか、子ども達に少し疲れや体調の変化が見られました。なんだか落ち着かない気分になることもあるようです。

無理しない範囲で身体を思いきり動かそうと、みんなが好きな運動を取り入れました。

すもう大会は、対戦したいサポーターを選んでみよう。

「勝つの!」とまず宣言して挑んでくれたお子さん。

小さな体で両足をふんばり、負けん気を見せてくれたお子さん。

 

その他、柔らかいボールを打つバッティングや

スーパーボールキャッチもしました。

机の上で1回バウンドしたスーパーボールを、両手でつかんでみよう!

ボールの動きを予測してみてね。

みんな一回ずつしたら、おやつでひと息つきましょう。

プリッツ、ちびメロンパン、チーズ

 

個別課題を自分で机に持ってきて「今日はこれをやってから遊ぶんだ」。

おやつ→個別課題→自由遊びという流れが、どのお子さんにも身についています。

 

今日のすもうで一番底力をみせてくれたのが彼でした。

ふだんはとっても穏やかでやさしい男子ですが、ここぞという場面での集中力と負けん気。

いつもとちがうまなざしに、サポーターも本気を出すしかありませんでした。

相手に対して正面から挑む勇気があれば、大人になってもきっと大丈夫。

どんな場面でも踏ん張れる強さはまわりの人を助け、感動させます。これからもなくさないでね。

 

仙台 放課後等デイサービス リッキー西多賀

文責 長沼

 

 

 

コメントを残す





CAPTCHA