インターンシップのお兄さんと②

今日はインターンシップのお兄さんが、子どもたちの集団活動でどんなゲームをするか考えてくれました。

 

いつものサポーターではない、お兄さんのお話。みんなの空気が少し変わりました。

まっすぐ目を見てお話を聞いています。ピッと伸ばした背筋がステキでした。

ひとつめは、「30秒ギリギリゲーム」。

目を閉じて決められた「30秒」を自分でカウントし、手を挙げてもらいました。

声を出さずに(これが大事!)、数えられるかな?

いつもはタイマーを使って時間の意識をしてもらっているので、自分で数えるのは初めてのお子さんもいました。

「30秒」や「60秒」の時間の流れを心の中で数えて、いちばん近かったお子さんに拍手!

数を追うごとに正解率が上がってきました。

 

そして次は「あとだしジャンケン」。

「僕が出した手をよーく見て、3秒待つから、負けてみてね」

「勝つ」「負ける」「あいこ」があとだしでできるか、みんなドキドキでした。

「勝つ」場面で、あとだしなのに負けてしまうとくやしい!

うまくいかなくても自分の気持ちに折り合いをつけながら、最後まで真剣勝負でした。

 

おやつは

白い風船、ほろほろ焼き、ハーベスト

 

「このあと一緒に遊ぼうね!」

 

宿題など個別課題が終わったお子さんから自由時間です。

力自慢の男の子は、腕ずもうでお兄さんに勝負。

「どう?ぼく、強いでしょう」「ホントだね~!」

 

帰りの会では「やさしい先生と〇〇くんとフリスビーやトランプをして楽しかったです」と発表してくれたお子さんもいました。

上着など自分の持ち物を忘れないでね。

寒さや疲れに負けず、今日も元気に来てくれてどうもありがとう。

 

仙台 放課後等デイサービス リッキー西多賀

文責 長沼

コメントを残す





CAPTCHA